パグ

ワンちゃんネコちゃんのペット火葬プラン|葬儀社の選び方を知ろう

動物の病気はどう治すか

複数の動物

清潔さが最も大切

皮膚病は、ペットが最もかかりやすい病気と言われています。ペットがやたらと体を掻いたり、体を壁や床に押し付けたりしたら要注意です。直接的な原因はダニや細菌、皮脂の過剰分泌、逆に乾燥しすぎによるものなどいくつかの種類が挙げられます。どんな皮膚病においても、極めて重要な対処法は清潔に保つことです。基本的にはお風呂に入れてあげてシャンプーで洗い流すことが有効です。ただし、清潔であることを気にしすぎて過剰にシャンプーしてしまうと、肌を傷める原因になりますので気を付けましょう。シャンプーは人間と同様の程度におさえ、化粧水などで肌の保湿や栄養補給を促すと良いです。近年はペット用の美容用品も市販されていますので、活用してください。毛の長いペットであれば、ブラッシングも重要です。毛が絡まってしまうと清潔さを保てなくなり、ムダ毛が残ってしまいますので、皮膚病につながることが考えられます。またブラッシング不足はペットのストレスにもなりますので、ストレス性の症状が表れるかもしれません。ペットとのコミュニケーションを兼ねて、優しくブラッシングしてあげることが、皮膚病の予防に寄与します。また、食事も考えてあげないといけません。いつも同じペットフードを食べさせているとしたら、そのフードが本当に十分な栄養補給になっているかを検討する必要があります。脂肪分が多すぎたり、特定の栄養が欠けていたりすると、病気になっても不思議はありません。ペットフードの成分表示を見て、食事を見直すことが求められます。手作りの食事を用意してあげて、食事にバリエーションを持たせるなどの手段で改善しましょう。